Home‎ > ‎

研究と趣味のリンク

歴史学のリンク

The WWW-VL History:地域・分野別の歴史学リンク集。
Modern History Sourcebook:近代ヨーロッパ史関連の史料リンク集。
American & British History:大半がアメリカ、でもちょっとイギリスの史料リンク。
歴史学関係Webサイト調査:鵜飼政志さんによる、充実したリンク案内のページ。
@卒業論文:歴史学にかぎらず卒論全般を支援する、ありがたいサイト。

イギリス史

電子媒体の史料

Project Gutenberg:古典的なテクストの電子媒体化プロジェクト。
Old Letters:19世紀の手書き書簡。筆記体の美しい字を読む練習にもなる。
Early JournalsGentleman's Magazine, Annual Register, Notes and Querres ほか3誌の画像データ。
Broadside:ビラ(ごく一部)
Pamphlets:小冊子(ごく一部)
The Proceedings of the Old Bailey:1674年から1913年にかけて、ロンドンと首都圏で発生した刑事犯罪事件の裁判録、および死刑囚から聞き書きした牧師による伝記記事。現存するほとんどの史料が網羅されている。
Complete Newgate Calendar:著名な死刑囚の物語集。裁判録と牧師による伝記が主体になっている。
Modern Britain:1688〜2000年のイギリス近代史関係の史料とリンク集。基本的なところがおさえられています。

Archives

The British Library:いわずと知れた...「英国図書館」です。「大英図書館」と訳すのはもうやめませんか。The
English Short Title Catalogue (ESTC)
もこのサイトで公開されています。
The National Archives (TNA, formerly PRO at Kew):公文書館。強烈な空調のなかにTシャツ1枚でいる人びとが観察できます。ARCON (Archives on Line), NRA (National
Register of Archives)
, もここにあります。
Access to Archives:イングランドの文書館の統合カタログ。
Archives Hub:コレクションとして管理されている史料群のカタログ。
Corporation of London Records Office:ギルドホール内にある史料室。参事会やギルド関係の調査に利用することが多いです。現在は、ギルドホールの改修にともない、LMAに移転しています。
London Metropolitan Archives:シティの北東にある史料館。ここでは裁判関係の史料をさがします。
The National Maritime Museum:グリニジにある海事博物館。天文台へのゲートになっています。
RHS Bibliography:イギリス歴史学協会の年次文献リスト。オンラインで便利でしたが、有料化されました。

トピック

Office for National Statistics:国勢調査や家族史・人口史のサイトです。2000年の国勢調査は、Centreline 2000 を参照してください。
The Gunpowder Plot:1605年11月5日「火薬陰謀事件を忘れるな!」でおなじみです。
Hogarth:「一大の奇傑」ウィリアム・ホゥガースの作品は、探せばほかにも多くのサイトがあります。
Real Ale and a Bed:飲料としてのエールとビール、それを提供する場としてのパブを知ることができます。
MAP ROOM:オクスフォド大学の古地図のサイト。
West Wales Photo:ウェールズ地域の写真。

イギリスの現在

The British MonarchyOPSI):イギリス王室の公式サイト。
Houses of Parliament:ウェストミンスタの議会。
British Council, UK:ブリティシュ・カウンシル。
イギリス大使館:UK in Japan. 駐日英国大使館。

UK Tips


情報検索

検索エンジン

Google;秘密のページさえも検索できる高速で優秀なエンジン。さまざまなオンライン、オフラインのアプリも充実している。
goo:ウェブログ作成のサイトとしてもつかえます。
Yahoo! Japan:検索エンジンというよりも、ポータルサイトとして利用することが多いでしょう。
Infoseek:検索エンジンの老舗。Yahoo よりも精度の高い検索で利用していました。

学術情報の検索

Resources for Arts & Humanities:アリアドネのページ。一度は訪れるべきです。
Voice of the Shuttle:『人文系論文作法』で薦められていました。
Humanity and Social Science Net:情報交換のメーリングリストと書評が充実してます。
Libraries in the World:世界の図書館の所在情報とリンク。
日本の図書館1:日本の図書館の所在情報とリンク。
日本の図書館2:日本の図書館の所在情報とリンク。
大学図書館:日本の大学図書館の所在情報とリンク
京大法・資料センター:国内の資料・史料の所在をしらべるのに便利です。
国立情報学研究所WEBCAT):1980年代以降の蔵書情報を網羅できます。
国立国会図書館:この建物そのものは、いったことがないのです (^_^;)
大学のゼミ・研究室:形成途上のリンク集です。まだまだ掲載数が少ないです。

研究の場、研究する人

大学や研究機関

University of CambridgeUniversity of OxfordUniversity of London:イギリス研究にこの三つははずせません。
Royal Holloway:ロンドン大学のコレジの一つ。
Institute of Historical Research:歴史学研究所。オンラインの書評が便利。
日本の大学:大学ウェブサイトの検索。小中学校から大学院までも可能。
文部科学省
静岡県立大学:勤務校です。
北海道大学東京大学東京大学文学部),お茶の水女子大学立教大学静岡大学名古屋大学愛知県立大学愛知教育大学大阪大学福岡大学:学会や研究会でおとずれたり、非常勤講師をしたり、資料調査のために足をはこんだ大学・研究所、在籍したところ、友人・知人がいるところ、サイトが面白かった/役に立ったところなどです。
静岡県立美術館:勤務校の隣りにあり、ロダン館が有名です。
愛知県美術館愛知芸術文化センター:ゼミででかけました(2001年7月3日)。

学会

学協会情報発信サービス:国立情報学研究所の提供する学会リンク&HP集
史学会:『史学雑誌』を発行する母体。
日本西洋史学会:各大学もちまわりで毎年の大会が開催されます。2003年に愛知県立大学で開催されたときのページは、栗田がつくったものです。
Royal Historical Society:各年次の総合文献目録が無料で有益でしたが、有料化されます。

研究者

近藤 和彦さん(東京大学):近代イギリス史・歴史学
須藤 功さん(明治大学):現代アメリカの財政・金融
玉置 さよ子さん(福岡教育大学):西ゴート王国
福田 眞人さん(名古屋大学):医や病気のイメージによる比較文化
古谷 大輔さん(大阪外国語大学):近世スウェーデンおよび北欧の国家形成・国民意識
加藤 孝男さん(東海学園大学):近代日本文学を専門とする歌人であり、小説も執筆
田中 ひかるさん(大阪教育大学):ドイツ・アナキストとその人的関係
大森 一輝さん(都留文科大学):アメリカのエスニック関係史。
岩間 俊彦さん(首都大学東京):イギリスの都市リーズをベースにした階級形成論
久保山 尚さん(早稲田大学・院):スコットランドの民衆政治
那須 敬さん(国際基督教大学):近世イングランドの宗教と政治と文化
津田 早苗さん(東海学園大学):発話・談話分析の言語学

名古屋大学出版会:畏友 橘宗吾さんが編集をつとめる。良質な本をつぎつぎと出版しています。
アマゾン:アメリカイギリス日本など。もっとも安く、もっとも早く洋書を入手できる。
ビーケーワン:オンライン書店では(個人的に)もっとも信頼できる。専門書の品揃えも充分にある。
日本の古本屋:古書籍の検索と注文ができます。

PCおよび趣味の一部

Apple Japan:マックを愛しています。
Artman 21:マックで使用しているエディタ JEdit の開発元。
JUST SYSTEM:ATOK と一太郎、Internet Disk ではお世話になります。
Vector:決済も可能なソフトウェア・ライブラリです。
珈琲問屋:コーヒー豆の種類はもちろん、ロースト時間なども指定できます。静岡店ができてからは、もっぱら店頭買いです。
天使のやすらぎ:癒し系グッズの通信販売。

Comments