Home‎ > ‎卒業研究‎ > ‎

卒業研究題目

1997(平成9)年度
世界初の私立諮問探偵――Baker Street 221B
救世主切り裂きジャック――ヴィクトリア朝の下層社会と倫理
東洋趣味・磁器・紅茶文化
ウィリアム・アダムズ――三浦按針
「イギリス人」としてのアイデンティティー
"F1グランプリ、48年の軌跡"
ケルト的世界とキリスト教

1998(平成10)年度
スポーツとイギリス人
ヴィクトリア朝ミドルクラスの女たち
日米コミュニケーション比較
贅沢禁止法とファッション――身分制秩序と産業振興
幸福と富の象徴 英国紅茶
庭が表現するもの
イギリス・ラグビーの文化史

1999(平成11)年度
エリザベス時代の性犯罪と性のダブル・スタンダード

2000(平成12)年度
マーガレット・サッチャーの政治――その階級意識への影響
『ロビン・フッドの武勲』と中世イングランド社会
民衆のおきてと制裁
二つのフットボールの誕生
イギリス産業革命期のミドルクラスの形成

2001(平成13)年度
近世イギリスの家庭・労働・男と女

2002(平成14)年度
Woman, Society and Fashion
Hygiene and Bathing in France since the Eighteenth Century
Injustice at the Food in Nineteenth-Century Germany

2003(平成15)年度
Gay and Lesbian Studies in the World
The Memories of the Fifth of November

2005(平成17)年度
Reading in Agricultural Ceremonies in Europe according to Symmetrical Anthropology and Eliade(2005年9月卒業)
From Vlad Tepes to Dracula
Black Settlers in Sierra Leone
Identity and Multiculturalism in British Education
Irishness in Gaelic Games
The Murder of Martha Ray: The Comparative Study of Reporting Crime

2006(平成18)年度
ヴィクトリア時代のリスペクタビリティとミュージック・ホール
黒人霊歌にみるアフリカとヨーロッパ
アーサー王伝説

2007(平成19)年度
英国における児童福祉の確立
夏目漱石のロンドン体験

2008(平成20)年度
魔女信仰の衰退
18世紀ロンドンの慈善とファウンドリング・ホスピタル
1851年ロンドン万国博覧会
ロンドン大火(1666年)

2009(平成21)年度
近世イギリスにおける舶来品の消費文化
民衆娯楽と農村社会――17・18世紀のイギリスを中心に――
結核・芸術・佳人薄命

2010(平成22)年度
コーヒー・ハウスと17・18世紀のロンドン
1960年代のカウンター・カルチャー
労働者階級からみたデイム・スクール

2011(平成23)年度
19世紀イギリスのチャリティと女性の関連を考える

2012(平成24)年度
17世紀後半から19世紀初めの英仏における啓蒙思想とフリーメイソン
スポーツとビジネス——イングランドにおけるフットボール——
ヨーロッパにおける自然観の変容
飲酒から喫茶へ——近代イギリスにおける嗜好品とモラル——
コルセットからの解放——ヴィクトリア時代風のはじまりとおわり——
クリケットにみるジェントルマンらしさ

2013(平成25)年度
イギリス近世における同性愛——現在のホモフォビアとの繋がり
1960年代イギリスにおける若者文化とミニスカート
風景式庭園から見る18世紀イギリスの国民意識
初期BBCと国民統合の関係

2014(平成26)年度
性の文化の多様化——20世紀イギリスにおける同性愛——
〈狂気〉とは何か——ヴィクトリア時代の精神医学を中心に——

2015(平成27)年度
幕末・明治の欧米留学——脱亜入欧の道——
お雇い外国人コンドルと日本
虐待から保護へ——19世紀イギリスにおける動物観の変遷——
伝染病法(1864,66,69年)廃止運動——中流の女性の立場から——
ガヴァネスと女子教育の拡充
現代フットボールの成立——近代化とグローバル化と課題——
17,18世紀ロンドンのコーヒーハウスと社交
19世紀イギリスにおける過去の創造
1868年——イギリスにおける公開処刑の終焉——
プロムスと多文化社会イギリス

Comments